ELIOS 3で、シドニーでより安全な密閉空間の下水道点検を実現

2024/5/19

オーストラリアのシドニーでは、Metrocorp Technologies社が、下水道、雨水、その他の危険性の高い閉鎖空間での安全な調査にELIOSを使用して点検を行っています。

メリットの概要

安全性

調査員、エンジニア、点検員は、高所からの落下、危険ガスや有毒ガス、屋根やトンネルの崩落、廃水による巻き込みなどのリスクを回避し、安心してデータを収集することができます。

データ品質

ELIOS 3により、高品質のLiDARデータと視覚画像を収集し、3D LiDAR 点群と写真測量モデルを生成できるようになりました。

効率性

ELIOS 3 は、わずか 2 回の飛行で 175 メートルの支持されていない岩石トンネルの点検を行い、以前は2 時間以上かかっていた点検を 30 分以内に完了しました。 さらに、ドローン点検では「有人点検」と比べて必要な書類や許可プロセスが90%少なく、点検プロセス全体がスピードアップします。

節約

ドローン点検では、計画段階や現場での活動にかかる時間と人員が少なくて済みます。 この事により、プロジェクトの様々なコストの 50% から 70% を節約することができます。

Metrocorp Technologies社は 30年にわたり複雑なプロジェクトを遂行し、顧客のために優れた成果を上げてきた。オーストラリアに拠点を置き、エンジニアリング会社や測量会社と協力して、全国で特定の廃水、雨水、修復プロジェクトに取り組んでいます。 最近、彼らはELIOS 3 の機能に着目し、地下および閉鎖空間の点検を簡素化し、プロセス全体をより安全かつ効率的にしました。 

上下水道点検の課題

下水道や廃水管理システムを使用する場合、地下のネットワークの管理が困難になることがあります。通行止め、洪水、古いインフラはすべて、電力会社にとって課題となる可能性があります。Metrocorpがこれらの分野のデータを収集する場合、厳格な安全プロトコルを遵守しながら重要な情報を収集する必要があります。

Metrocorpチームは、下水道や閉鎖空間の点検について厳格な安全プロトコルに従っています

オーストラリアのシドニーでは、耐用年数をさらに 50 ~ 100 年延ばすために、古い下水構造物を修復する取り組みが進行中です。 これには、存在するものの記録を注意深く分析し、未使用の領域をマッピングし、メンテナンスとアップグレードを計画することが含まれます。 状態評価は通常、資産の運用中に完了する必要があるため、特に困難となります。

Metrocorpは、下水道を点検する際に注意すべき 4 つの重要な危険があることを発見しました。

  1. 落下の危険 – これらの施設の多くは地下深くに位置しているため、下水道へのアクセスポイントへの出入りやその周囲での作業の際に、高所からの重大な落下が発生する可能性があります。
  2. 空気の条件 – 下水道の内容により、内部環境には有害なガスや低酸素レベルが含まれることがよくあります。
  3. 飲み込み – 大量の水流や雨水の急増が発生した場合、点検員が流水や廃水に飲み込まれる危険があります。
  4. 屋根/トンネルの崩壊 – シドニーの施設の一部は築100年を超えているため、点検中に落石や屋根の崩壊が発生する可能性があります。

これらの危険を軽減するために、Metrocorpチームは ELIOS 3 ドローンを活用し、安全な距離から重要なデータを取得しました。

最近の点検では、ELIOS 3 を使用して、劣化の進行の兆候が見られた 4 つの別々のトンネル (それぞれ深さ約 17 m) を点検し、わずか 3 人のチームが 1 日で点検を完了しました。

同様のトンネルの横断によって行われる点検作業には、少なくとも 7 ~ 10 人が関わり、複数のシフトでの作業が必要の場合があります。

ELIOS 3を使用した深部のマンホールの状態評価

Metrocorp は、進行中の点検プログラムの一環として、古くて深い廃水立坑の点検を実施しました。

深さ 70 メートルの立坑を点検する標準的な作業には、現場に特殊な深部へのアクセスおよび密閉空間の救助設備を設置します。 その後、1 人が設備内に降り、目視点検を行います。

ELIOS 3 を使用した地下トンネル点検は安全リスクを軽減し、高品質のデータを提供します

通常、このような施設は、点検員を重大な落下の危険、密閉空間での作業に伴う危険な酸素条件、上からの落下または落下物に当たる危険にさらされます。 ELIOS 3 を下水道点検に使用すると、これらのリスクが完全に排除されるだけでなく、安全なオフィスでいつでも分析でき、優れたデータが得られます。

特定の構造物の測定値をELIOS 3で取得することで、施設の状態をよりよく理解し、施設の所有者が(必要であれば)修復方法を開発するために使用することができます。

またMetrocorp チームはELIOS 3の特殊なLiDAR 測量ペイロードを使用して、プロジェクトの完了時に正確な 3D 点群モデルも作成しました。

両フライトのビデオ映像を使用し、専用のソフトウェアを使用して3Dモデルを作成しました。このソフトウェアは、資産を3D画像に複製し、構造物内の寸法、面積、体積を明確にすることができます。このデータは、エンジニアにトンネルの正確な寸法を示すだけでなく、構造物の正確な状態を明確に把握することで意思決定を効率化することができます。 

わずか 2 回の飛行で立坑構造全体の地図を作成し、点検は 30 分以内に完了しました。 この成果により、通常の点検に比べて 3 時間の時間が短縮されました。 「シドニーで高リスク施設に立ち入るには、計画と承認に数週間もかかる場合があります。 ドローンは従来の点検プロセスを必要とせず、より高品質のデータを収集できます」とMetrocorpは説明します。

下水道点検にELIOS 3を活用

ドローンは困難な条件に耐え、リスクを軽減できるため、下水道点検でのドローンの使用は急速に成長しているツールです。Metrocorpは、ELIOS 3を使用することで、時間とエネルギーの大幅な節約、安全性の向上を実現した。 

ELIOS 3 は、安全基準の強化、効率の向上、データの質の向上を通じてユーザーに多大なメリットをもたらしました。 これにより、下水道点検のコストをリニアメーターあたり 40% 削減できます。 2023 年にリリースされた測量ペイロードにより、より高品質で正確なデータの利用可能性も高まりました。ELIOS 3 とその特殊な LiDAR ペイロードについて詳しくご覧ください。

■出典:Flyability社,
「BRINGING SAFER CONFINED SPACE SEWER INSPECTIONS TO SYDNEY WITH THE ELIOS 3」
https://www.flyability.com/casestudies/safe-sewer-inspections-drones

この事例に関するお問合せ・ご相談

ブルーイノベーション株式会社
https://www.blue-i.co.jp/
TEL.03-6801-8781/FAX.03-6801-8782

・Webサイトからのお問合せはフォームからお願いいたします。
https://www.blue-i.co.jp/contact/

PAGE TOP