トレンド/事例

複数台のお掃除ロボットを活用し、ビルの共用廊下清掃に要していた時間の70分/日を削減。
空いた時間で、専有室内の清掃品質を向上

オフィス

安田不動産株式会社 様

多くのオフィスビルを所有する安田不動産では、オフィスビル各フロアの共用廊下のバキューム清掃にiRobot社のルンバを活用した「オフィス向けロボット清掃ソリューション(BEPクリーン)」を導入し、清掃スタッフが人手で行っていた清掃時間を削減。その削減できた時間を清掃スタッフは専有室内の清掃やコロナ禍による消毒作業といった別の業務に振り分けるなど、テナントニーズへの対応とともに、ビル全体の清掃品質の向上を実現しました。

人手不足が深刻なオフィスビル清掃業界

労働集約型と言われるオフィス清掃業務は、常態的な人手不足が業界全体で深刻な課題となっています。安田不動産が所有するオフィスビルでも同様に清掃スタッフの人手不足に直面しています。清掃スタッフは人手が足りない中、限られた時間内に清掃を完了させなければならない一方で、デスク下のごみ箱回収業務やコロナ禍による消毒作業などの追加業務により、バキューム清掃の時間が圧迫され、清掃品質にも関わりかねない状況となっていました。

オフィスビル清掃に、コンシューマー向けのiRobot社「ルンバ」を採用

複数のルンバを一元管理するBEPのインターフェース

人手不足対策の一つとして、ロボット導入は以前より注目されていましたが、業務用お掃除ロボットは高価でかつ、別のオペレーションが発生する等、清掃スタッフに負担をかけてしまわないか心配でした。
「オフィスビルでロボットに清掃を任せることを想像した時に、朝オフィスがきれいになっているといいなと思いました。業界にはすでに業務用の清掃ロボットはありますが、まだまだサイズは大きくて、かつ現状は人と一緒に清掃するオペレーションを考える必要があります。これがルンバなら、システム上でスケジュールをセットすることで、単独で清掃を実行してくれます。また、各フロアに設置された複数のルンバを一括制御・一元管理してくれるBEPにより、ルンバの管理が劇的に楽になりました。」
(安田不動産株式会社 資産営業事業本部 課長 十時 惟友季 様)

効率的な清掃と清掃品質の向上に貢献

安田不動産株式会社 資産営業事業本部 課長 十時 惟友季 様

ごみ箱回収作業に圧迫され専有室内のバキューム清掃の時間が確保できていなかったオフィスビルでは、共用廊下のバキューム清掃は夜間にルンバに任せ、清掃スタッフにはその分の空いた時間(1フロア10分×7フロア=70分)を専有室内の清掃にあててもらいました。その結果、専有室内清掃に通常の約2倍の時間を確保することができ、ビル全体の清掃品質の向上に貢献してくれています。

「今のところテナント様からのクレームはなく、管理会社様もロボットに順応して頂いているという認識です。まずは当社所有物件の共用廊下でロボット清掃ソリューションの導入を積極的に検討していき、ゆくゆくは専有室内でも活用していきたいです。」(十時 様)

 

COMPANY PROFILE

安田不動産株式会社

本社所在地 東京都千代田区神田錦町二丁目11番地
設立年 1950年
従業員数 154名
URL https://www.yasuda-re.co.jp/
事業内容 土地賃貸業務、ビル賃貸業務、マンション賃貸業務、不動産のコンサルティング業務、土木建築工事の設計・監理、宅地分譲・マンション分譲・住宅建売業務、不動産仲介業務、不動産鑑定業務

【ロボット清掃導入で業務改善・効率化】


上記バナーリンクより導入に向けた活用資料をダウンロードいただけます