ニュース詳細In Detail

お知らせ

球体ドローン”ELIOS2”による駅構内点検 実証実験を実施

ブルーイノベーション株式会社(本社:東京都文京区、社長:熊田 貴之、以下ブルーイノベーション)は、大阪市高速電気軌道株式会社(本社:大阪府大阪市、社長:河井 英明、以下Osaka Metro)の協力のもと、11月15日深夜、地下鉄千日前線日本橋駅構内にて球体ドローン”ELIOS2”による二重天井内の土木構造物(コンクリート)に対する点検作業の実証実験を実施しましたので、お知らせいたします。
ブルーイノベーションは、複数のドローンを協調・連携させて複雑なミッションを達成させるシステムプラットフォームBlue Earth Platform(BEP)を軸に、警備、点検、教育、エンタメ、物流の5つのサービスの展開を図る、ドローンの先駆的ソリューション・プロバイダーです。
今回、ブルーイノベーションが提供する、屋内狭小空間での点検作業に最適な球体型ドローン”ELIOS2”(スイス Flyability社製)を使用しました。独自のフライトコントローラーと多数の安定センサーを使用し、 屋内、暗所、高所、鉄製品回り(コンパスエラーの出る場所)、人が入れない狭い場所、危険な環境(化学物質・灰等)、真上を撮影したい場所など、これまで人手では行えなかった施設の点検が一部可能となります。
駅構内の二重天井内という、人が入り込んでの作業が危険で困難な場所での点検業務において、ドローンが取得した映像情報が十二分に点検業務に資することを検証出来ました。

日本橋駅での検証成果・リリース全文はこちらです。

リリース全文(PDFファイル形式:1.1MB)