ニュース詳細In Detail

お知らせ

ブルーイノベーション、台湾のドローンメーカー AEROPROBING Inc.と業務提携

ブルーイノベーション株式会社(本社:東京都千代田区、社長:熊田 貴之、以下ブルーイノベーション)は、この度、台湾のドローンメーカーAEROPROBING Inc.(本社:台湾・台北市、CEO:Lance Kao、以下AEROPROBING)と業務提携しましたので、お知らせします。
ブルーイノベーションでは、複数のドローン・ロボットを遠隔で制御し、統合管理するためのベースプラットフォームであるBlue Earth Platform(BEP)を基軸に、点検、警備、物流、教育・安全、エンターテインメントの5つの分野でサービス展開しております。特にインドアフライトの分野に強みがあり、Flyability社(本社:スイス ローザンヌ)と連携し手動飛行によるドローン「ELIOS」を活用した屋内点検サービスを提供し、大成株式会社、東日本電信電話株式会社(NTT東日本)と共同で、マーカーや電波を使い自動飛行を実現した屋内警備用ドローンのサービス「T-FREND」を開発し提供してきました。また、最小限のカスタマイズで素早くソリューション開発可能なインドアフライトプラットフォーム「BI AMY」を開発、倉庫内の在庫管理や棚卸といったソリューションにサービス展開しています。
AEROPROBINGは、AIおよびドローンのハードウェア開発に特化した、台湾のドローンのリーディングカンパニーです。建設、農業、物流等の分野で商品開発を進め、ビジネスチャンスが期待できる東南アジア市場への展開を進めています。また、火山を意味する”Vulcano”プロジェクトにて、3Dマッピングによる生成されたデータからの自動飛行やボール型ドローン等の開発に取り組んでいます。
ブルーイノベーションは、日本のドローンのリーディングカンパニーであり、今後の拡大拠点として台湾を選び、先ずはAEROPROBINGと業務提携することで、日本、台湾というお互いの市場で、ブルーイノベーションは農業用・教育用ドローン、AEROPROBINGは屋内点検、警備、倉庫内在庫管理といったお互いの商品やサービスを販売し、自社の事業領域を広げます。

リリース全文(PDFファイル形式 745KB)