ニュース詳細In Detail

お知らせ

【リリース】下水道管渠内部の点検課題を、球体ドローン ELIOS2 が解決

ブルーイノベーション株式会社(本社:東京都文京区、社長:熊田 貴之、以下ブルーイノベーション)は、屋内狭小空間での点検作業に最適な球体型ドローン”ELIOS”(スイス Flyability 社製)により、2018 年 6 月から約 1 年半でプラント、発電所、大型の工事等を中心に約 100 現場近くの屋内施設で導入を進めてまいりました。

この度、静岡市(上下水道局)より依頼があり、静岡市駿河区内の下水道管渠内部において 2019 年 9 月リリースの、撮影性能・操縦性を大きく向上させた”ELIOS2”を用いて、今まで作業員の進入が困難であった部分の点検作業を実施しましたので、お知らせいたします。

当該箇所は、合流区域の幹線であり、汚泥が縦断的に堆積しており、上流部の点検孔が塞がれ、換気ができないことに加え、人力による作業には、硫化水素の発生も懸念されることから、内部状況の把握が課題となっていました。調査の結果、初めて内部状況の確認が実現し、”ELIOS2”の安定飛行、カメラ・距離センサー等の新機能により、位置・形状も含め配管の状態を鮮明に確認、かつ、埋められた人孔跡も確認でき、今後の維持管理の方針決めに貢献しました。

ブルーイノベーションでは、今後も新たな点検手法として、現場に適用して検証を進め、より効率的で安全な、ドローンによる点検ソリューション開発に取り組んでまいります。

リリース本文はこちら(PDFファイル:1.3MB)

ELIOS2の詳細ページはこちら(特設サイトリンク)

お問合せはこちら