ニュース詳細In Detail

お知らせ

【リリース】HTG とブルーイノベーション、資本業務提携契約を締結

HTG株式会社(本社:大阪府大阪市中央区、社長:戸田 晃平 、以下、HTG)と、ブルーイノベーション株式会社(本社:東京都文京区、社長:熊田 貴之、以下、ブルーイノベーション)は、ドローン・ロボットによる医療業界向けソリューション の共同開発 に向けて、資本業務提携 契約を締結しましたので、お知らせします。

今回の業務提携で共同開発する医療業界向けソリューションでは、ブルーイノベーションが開発したドローンや AGV を活用した在庫管理システムを、HTG が提携する国内外のクライアント(医薬品・医療機器・医療材料等のメーカーおよび卸)に導入し、共同で GMDP*に基づいた在庫・温度管理システムの開発を行います。複数のドローン、ロボットを制御する BEP(Blue Earth Platform)を活用した倉庫棚卸ソリューションを軸に開発していきます。今般の新型コロナウイルス感染症の猛威により、医療業界においても リモート業務需要は一段と高ま っていますが、それに応えるべく両社の強みを合わせて、ドローン・ロボットによる医療業界向け業務効率化ソリューションを展開いたします。

ロードマップとしては、先ずは社内向けソリューションを構築し、社内検証を行い、その後国内のクライアント (医薬品・医療機器・医療材料等のメーカーおよび卸)へ展開し、将来的には海外への展開を予定しています。

HTGはテック企業への投資事業や医薬品事業(製造・販売)にこれまで取り組んできました。ヘルスケアプラットフォーム事業・投資アライアンス事業・医薬品製造販売事業等を通じて、医療を中心としたヘルスケア業界にテクノロジーを融合させ、斬新でユニークなサービスでイノベーションを起こす取り組みを進めています。国内外のグループ各社で蓄積したノウハウを活用し、医療と人々の健康をよりよくするための価値創造をしてまいります。

ブルーイノベーションは、昨今の労働人口減少、地球温暖化に伴う大規模自然災害の増加、インフラの老朽化といった年々増加する社会課題を解決するため、基盤プラットフォームBEPを軸に、ドローンやロボットをAI、ブロックチェーンなどと組み合わせて無人化、省人化を図る技術の開発に取り組み、来るべきクラウドモビリティ社会に向けて、倉庫内在庫管理等のドローン・AGVによる医薬品在庫管理ソリューションのイメージインドアロボティクス、モビリティ連携、BIポートによるソリューションの開発、展開を進めています。

*GMDP; Good Manufacturing and Distribution Practice,
医薬品の適正製造・流通規範

リリース本文はこちら(PDFファイル:1.1MB)

本件に関する問い合わせはこちら

ドローン・ A GV による医薬品在庫管理ソリューションのイメージ