ニュース詳細In Detail

お知らせ

【リリース】ドローンによる農作物運搬実用化に向けた実証実験を実施

ブルーイノベーション株式会社(本社:東京都文京区、以下ブルーイノベーション)と北海道当別町は11月12日、ドローンを使って、生産農家から町内の道の駅「北欧の風 道の駅とうべつ周辺(北海道石狩郡当別町当別太774番地)まで白カボチャ、大根などの農作物を運ぶ実証実験を行いました。実験は環境省・国土交通省の連携事業「過疎地域等における無人航空機を活用した物流実用化事業」(以下、本事業)の一環で、20キロの荷物を運べる物流用ドローンを使用して、朝の出荷を想定して生産農家2か所をたどり農作物を道の駅まで運びました。
当別町では農業従事者の高齢化や人手不足の問題が懸念されており、収穫物の出荷・運搬作業の効率化や、輸送時間を削減するなど、農業従事者の負担軽減が求められております。今回の実験の結果を通して、今後、本事業では、地元企業、農協などで構成する協議会内で課題を洗い出し、技術やコストを検討し、3年後の実用化を目指してまいります。なお、本事業は北石狩農業協同組合、経済産業省北海道経済産業局、北海道ドローン協会にご協力いただいております。

本リリースの全文はこちら (PDFファイル:1.2MB)