ニュース詳細In Detail

お知らせ

自律飛行ドローンによる地下トンネル内の点検実験を実施

三菱地所株式会社(本社:東京都千代田区、執行役社長:吉田淳一、以下三菱地所)、丸の内熱供給株式会社(本社:東京都千代田区、社長:辻正太郎、以下丸の内熱供給)、ブルーイノベーション株式会社(本社:東京都文京区、社長:熊田貴之、以下ブルーイノベーション)、株式会社Liberaware(本社:千葉県千葉市、社長:閔弘圭、以下Liberaware)は、街の重要なインフラの点検業務の効率化に向けて、東京都千代田区の複合ビル「丸の内オアゾ」周辺の地下に位置し、エリアのオフィスビルの空調用エネルギーを供給するプラント間を結ぶ熱供給用洞道にて、自律飛行ドローンを用いた点検実験を実施しました。今後、「日常点検の効率化」、「ドローンと人の分担点検による点検の質向上」が期待されます。

従来、ドローンは屋外で飛行させることを想定して開発されており、一般的にはGPSを使った位置制御技術が用いられています。一方、今回の実験は、GPS信号が届かない地下空間でドローンが自らの位置を認識し、さらに洞道という狭小な屋内空間にて自律飛行を行うため、技術的な難易度が非常に高い実験となります。

詳しくはこちらからご覧いただけます。
リリース全文(PDFファイル形式 578KB)