ニュース
プレスリリース

ELIOS 2 専用解析ソフト「Inspector 3.0」の国内リリースを開始

ブルーイノベーション株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:熊田 貴之、以下 ブルーイノベーション)は、プラントや工場など屋内点検向け球体ドローン「ELIOS 2」の飛行経路を3D点群マップで可視化し、撮影した欠陥・異常箇所の位置が特定できる ELIOS2 専用解析ソフト「Inspector 3.0」(スイスFlyability社製)の国内リリースを、6月7日に開始します。
なお、6/14(月)から幕張メッセで開催される「Japan Drone 2021」のブルーイノベーションブース(8ホール ブースNo.I-11、特設サイトはこちら)において、ELIOS 2とInspector 3.0のデモンストレーション飛行を行います。

今日、工場やプラント、管路などでドローン点検が広がりはじめ、欠陥や劣化などの有無を迅速かつ安全に確認できるようになってきました。一方、ドローンで撮影した欠陥・異常箇所の位置特定は難しく、補修作業の前に人が立ち入って対象箇所を探す、または施設図面を確認しながらドローンを飛行させ、おおよその位置を推測するといった方法がとられており、さらなる改善が期待されていました。

Inspector 3.0 は ELIOS 2 の機能を拡張し、改善要望に応える専用解析ソフトです。両者を組み合わせることで ELIOS 2 の飛行経路を3D点群マップで可視化し、撮影した欠陥・異常箇所の位置を特定できるようになります。また、点検データのアーカイブ機能やレポート機能も有しており、データの一元管理や他のソフトと組み合わせての解析なども可能です。これらにより、作業員が立ち入る負担や位置推測の不確実性を排するとともに、点検作業後に速やかに補修作業に着手できるようになります。

今後、ブルーイノベーションは Inspector 3.0 を含めた ELIOS 2 による点検ソリューションを積極的に提案し、工場やプラント施設・設備の点検から補修までのプロセス効率化、安全で柔軟な点検運用の構築、さらにはDX化や業務改善に貢献していきます。

Inspector 3.0 画面

ELIOS 2 特設サイトはこちら
リリースの全文はこちら(PDFファイル:495KB)